About

About

Graziano Mazza(グラッツィアーノ マッツァ)は1960年6月10日、Montegranaro(モンテグラナーロ)で生まれました。21歳のとき、彼は6代目(family company)CEO兼アートディレクターに就任しました。
1991年以来、世界中の有名なデザイナーと多くの経験を積んだ結果、彼はすぐに研究と革新に満ちた新しいPREMIATAブランドを創ることを決意しました。また他には世界中の有名ブランドが提案している靴ひもなしのオックスフォードがあります。
Graziano Mazzaはもっとも革新的な人として捉えられています。1986年にスニーカーの生産を始めましたが、2009年に販売されたLUCYシリーズは世界中の有名なリテーラー2,000社以上で取り扱われるほどの大成功を収めています。

Graziano Mazzaの考え方

22歳のとき、私の靴作りのキャリアが始まりました。
私の家族は1885年から靴を作り始めており、それが何を意味するのか私はわかっていました。幸いなことに、若くても大きくエキサイティングな挑戦をさせてもらえる環境でした。そしてそれは本当に大きなことでした。私が確信していたのは、私のやり方は私のやり方であり、誰のものでもないということでした。
私は情熱のにみ突き動かされ、何年もの間、工場の息遣いを感じ、時間をかけて得た経験をもとに、全く違うことを試みることにしました。PREMIATAの誕生には、新しい試みと共に取り組む仲間の力が必要でした。しかしこれには非常に正確かつ伝統的なテクニックや扱い方、精度の高さ形成を尊重しています。なぜなら以前から扱ってきた人たちに対して彼らのやり方、つまり人生そのものに疑問を投げかけるような行為であり、とくに小さなコミュニティでは新しいことに取り組むのはネガティブになりがちだからです。私は同僚の心を変えさせるために多くの苦労を要しました。私はレザー製品(への概念)を、ある意味「壊したかった」のですが、それをいつも最高にいい状態の靴を見てきた人たちに説明する方法はとても難しかったです、壊れて見えるソールを取り付ける試みや、それまで水に触れないように勧められていた靴を洗う(ウォッシュド加工)理由を説明するなんてことはなかなかできませんでした。けれど、これが私のやりたいことでした。
今まで多くのステップが踏み出されてますが、新しいことをゼロからつくりだすことはとても優れたことであり、PREMIATAをこれからも成長させると思います。